ベルタマザークリーム

ベルタマザークリームで引き締める

更新日:

ベルタマザークリームの口コミ

妊活のおかげで結婚5年目で妊娠。ただ、妊娠線が心配なので、そのケア用の商品を買いたいと思いました。ネットでチェックすると、このベルタマザークリームがおすすめという口コミが目立ちます。最低6回の「しばり」が気になるものの、思い切って公式サイトから定期購入を申し込みました。
テクスチャーは少し固め。「伸びはよい」というレビューもあったのですが、私はそれまでもっと伸びのすごいクリームを使っていたので、少し不満です。ニオイの方は問題ありません。
1日2回使っています。塗る部位は、お腹の周り、胸、お尻、太もも、二の腕。さすがにこれだけ塗っていくと足りなくなりがちなので、1回分の量を調整しなければなりません。個人的には「1ヶ月分としてはちょっと少なめかな」という感じ。
ただ、もう使い始めて3ヶ月になりますが効果は上々です。初期に塗り忘れていた太ももの外側に、かすかな妊娠線が出てしまいましたが、そのあとは念入りに塗るようになったので目立たずにすんでいます。その後は新たな線は出来ていません。
デメリットは、やはり値段が安いとはいえない点でしょうか。ただ品質は良いので、出産後も普通のクリームとして使えそうです。とりあえず継続していくつもりです。
32歳・女性・茨城県

出産予定日もあと4日に迫りました。現在、お腹は怖いくらいパンパンに張っていますが、このベルタマザークリームを使い続けていたせいか、妊娠線は現れていません。
頼んだのは定期コースなのですが、たっぷり塗っていたのに、まだ2本半余っています。もったいないようですが、普通のクリームとしても使えるので、お腹だけでなく、二の腕などにも塗っていこうと思います。
私は6本目が届いたらすぐに定期便を停止しましたが、そうやって解約をしないとずっと商品が届くことになります。定期便を申し込んだ人はその点に注意しましょう。
30歳・女性・香川県

ベルタマザークリームによってケイ素を補給

ベルタマザークリームには、スーパーヒアルロン酸、プラセンタ、コラーゲンなどの保湿成分、さらにカニナバラ、カンザシ、ノコギリソウ、タチジャコウソウ、ローズマリーなどの植物エキスのほか、「シラノール誘導体」という聞き馴染みのない成分が配合されています。この成分の役割は何だろうと思われる方もいるかもしれませんが、実は世界の医薬界で注目を浴びている妊娠線予防成分なのです。

シラノール誘導体の正式名称は、アスパラギン酸メチルシラノールヒドロキシプロリン。ケイ素化合物の1種で、バリア機能を突破して肌の奥へ浸透するよう工夫されたものです。

ではケイ素とは何かというと、人間の体に不可欠なミネラルのひとつ。その役割で真っ先にあげられるのは、コラーゲンを束ねてその強度をアップするというものです。

コラーゲンは、皮膚の基礎組織である真皮層の70%を占めています。真皮層では、まるでクモの巣のようにコラーゲンが張り巡らされていて、肌のハリと弾力を保つ役割をしています。

ところがケイ素が不足すると、コラーゲンが不足し、肌にシワやたるみがあらわれます。

シラノール誘導体によってケイ素が補われ、コラーゲンの不足を予防。シワやたるみが生じないようにしてくれるわけです。

-ベルタマザークリーム

Copyright© 本当に効いた!ベルタマザークリームの口コミ・効果 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.