ベルタマザークリーム

ベルタマザークリームの評判について

更新日:

副作用を確認

ベルタマザークリームに副作用は?

ベルタマザークリームの全成分は以下の通りです——

水、ミリスチルアルコール、BG、カニナバラ果実エキス、セイヨウサンザシ果実エキス、セイヨウノコギリソウエキス、タチジャコウソウ花/葉エキス、ローズマリー葉エキス、プラセンタエキス、アスパラギン酸、アルギニン、グリシン、アスパラギン酸メチルシラノールヒドロキシプロリン、セラミド2、アスコルビルグルコシド、グルコシルヘスペリジン、トコフェロール、ユビキノン、葉酸、加水分解コラーゲン、アセチルヒアルロン酸Na、ヒアルロン酸Na、アラントイン、グリチルリチン酸2K、加水分解水添デンプン、グリコシルトレハロース、グリセリン、コメヌカ油、シクロヘキサン-1,4-ジカルボン酸ビスエトキシジグリコール、ペンチレングリコール、(アクリル酸ヒドロキシエチル/アクリロイルジメチルタウリンNa)コポリマー、ステアリン酸グリセリル(SE)、ステアリン酸ソルビタン、クエン酸、水酸化K、エチドロン酸、フェノキシエタノール、グレープフルーツ果皮油

これを見て分かる通り、合成香料、パラベン、タール系色素、鉱物油、石油系界面活性剤、シリコン、エタノール、紫外線吸収剤といった、肌に負担をかける化学成分は無添加。さらに刺激が強い成分も全く配合されていません。植物エキスなど、天然由来の物質が主体となっていますから、お腹以外の部位にも使うことが可能。ボディーケア用として毎日塗り続けても大丈夫です。

ただ、特別肌が敏感な人やアレルギー体質の人の場合、まれにかゆみ・赤みが生じる可能性があります。

不安に感じられる方は、パッチテストとして最初に目立たない箇所(二の腕など)に塗ってみて、その反応を調べて下さい。そして問題がないことが判明した上で、ほかの部位に塗るようにしましょう。

あと出産後、授乳期に突入したら、乳首やその周辺に使用するのは厳禁です。

うっかりベルタマザークリームを塗ったまま赤ちゃんに母乳を飲ませると、クリームも一緒に体内に入ることになり、悪影響を及ぼしかねません。塗るのは、あくまでほかの部位にとどめるようにして下さい。

ベルタマザークリームを使ってみた

定期コースを頼んで、ベルタマザークリームを使ってみました。

1回に使う量は、500円玉大とのこと。手のひらに取って肌に塗っていくと、「伸びがすごく良い」という印象を受けました。無添加をうたった商品なので、塗った時にピリピリすることはもちろんありません。

テクスチャーですが、クリームならではのベタつきは多少あります。サラサラッというわけにはいかないのですが、塗って数分も経つと皮膚に馴染んできて、上から服を着ても不快感は覚えません。妊婦はゆったりめの服を着ることが多いので、余計気にならないですね。

ニオイに関しても問題なし。「手に取り、肌に伸ばして塗る」といった一連の作業をしていても、不快臭など全く感じませんでした。それどころか、天然の柑橘系のさわやかな香りが立ちのぼり、心地よいくらい——。

ということで、つわりがひどい時期でも問題ないという人がほとんどだと思います。また、ニオイが少ないので、体の色々な部位にも使いやすくなっています。旦那さんにお願いして、塗ってもらうのもいいかも。

成分もシラノール誘導体をはじめ、スーパーヒアルロン酸やコラーゲン、プラセンタ、コエンザイムQ10、ヘスペリジン、そして「妊婦が摂取すべき」と国が推奨している葉酸も配合。問題のある物質はありません。

普通の肌ケアクリームとしても優秀なので、赤ちゃんを出産した後でも使い続けられそうです。

-ベルタマザークリーム

Copyright© 本当に効いた!ベルタマザークリームの口コミ・効果 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.