ベルタマザークリーム

ベルタマザークリームは顔にも使えるの?

更新日:

ベルタマザークリームのエキス成分

天然エキス

カニナバラ果実エキス

カニナバラとは一般にイヌバラと呼ばれるバラの1種。野ばらの代表とされる植物で、ヨーロッパやその周辺地域に自生しています。

その果実はいわゆるローズヒップのことで、シロップ、ジャム、ティーなどに用いられるほか、ビタミンCが豊富なのでサプリメントに配合されることも多いようです。

エキスとして血行促進、抗菌、収れん、発汗などの効果が期待できます。

セイヨウサンザシ果実エキス

セイヨウサンザシは別名ホーソンベリー。古くから北アフリカやヨーロッパで親しまれていて、イエス・キリストが処刑される際に頭に載せられていたトゲのある冠の材料だともいわれています。

心臓病の民間治療薬としても有名で、中国でも漢方の生薬として使われてきました。

多くのフラボノイド配合体、サポニン、タンニン、マグネシウムを含み、むくみ対策に効果があるといわれています。

セイヨウノコギリソウエキス

セイヨウノコギリソウはヤロウ、ミルフォイルとも呼ばれ、ヨーロッパ原産の多年草。日本でも明治に渡来以来自生していて、繁殖力の強い雑草となっています。

ヨーロッパでは昔から火傷や切り傷への民間薬として使われるほか、強壮効果、食欲増進、発汗、解熱作用があるとされ、ハーブティーとしても飲まれています。

ピネン、アズレン、リモネン、カンファーなどを含むことから各種の化粧品などに配合されていて、肌荒れ防止、肌を引き締める収れん効果、肌の保湿作用などが期待できます。

タチジャコウソウ花/葉エキス

タチジャコウソウは一般にはタイムとして知られるハーブ。昔から文献に顔を出し、古代のエジプトではミイラの防腐剤、ギリシャでは神殿での芳香剤や入浴剤に使われるなど、西洋文明に欠かせない植物です。

メチルカビコール、チモール、シネオール、ボルネオール、タンニン、フラボノイドのアピゲニン、ルテオリンなどを含有していて、抗炎症、抗酸化、皮膚柔軟、血流促進、閉塞剤、香料など、多岐にわたる効果が期待できます。

ローズマリー葉エキス

ローズマリーはヨーロッパで昔から親しまれてきたハーブ。特に14世紀にペストが大流行した時にはその感染よけの薬として活用されました。カレーやポトフのスパイスとしてもおなじみで、日本でもスーパーなどで販売されています。

その葉から抽出されたエキスは、強い抗菌・殺菌・保湿作用を備えていて、肌トラブル全体に効果を発揮します。

ベルタマザークリームは顔のケアにも使える?

顔のケア
妊娠してからベルタマザークリームを公式サイトで購入。ずっとお腹に塗り続けてきました。

ネットで見ると顔クリームとしても使えるとのこと。てっきりお腹専用だと思っていたので、そんな利用法にはビックリしました。

さっそく自分でも顔に塗って試してみることに——。

すると、毛穴がだんだん目立たなくなってきた気がします。

しかも朝の洗顔で肌に触れる時の感じがこれまで使ってきた美容クリームとは全く違います。潤いがたっぷりでプルプルしているんです。

考えてみれば、原材料の欄をみるとカニナバラ果実エキス、セイヨウサンザシ果実エキス、セイヨウノコギリソウエキスなど、肌トラブルに効果のある成分がたっぷり配合されています。お腹だけじゃなくて顔の皮膚が潤ってくるのも当然かもしれません。

ただ、公式サイトでは、別に顔に塗っていいとは書いてありません。もし塗ってトラブルが起きても自分の責任になるので気をつける必要があります。

ベルタマザークリームの口コミをチェックする

-ベルタマザークリーム

Copyright© 本当に効いた!ベルタマザークリームの口コミ・効果 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.